2007年09月24日

自宅 内職

【内職情報の紹介です】

自宅内職は、子育て中のために働きたくても外にでられない主婦にとって、大変便利な働き方です。自宅内職は、自宅でできるので育児や家事の合間にすることができます。人間関係によるストレスもありません。社会参加しているという充実感もあります。また自宅内職は、お金より働きがいを求めている高齢者にも人気があるようです。猛烈に働きたくはないが、社会とつながっていたい高齢者の方の目的と一致するからです。自宅内職は、とて魅力的に思われますが、注意すべき点もあります。ラクラク簡単な自宅内職は無いことをまずしっかりと心に留めておいてください。内職も時間の都合は自分のペースでできますが、納期はあるし大変なものが多いのが実情です。気になる自宅内職の給料のことです。自宅内職には袋に商品詰や封筒に宛名貼りなど様々なものがありますが、どの自宅内職も時給換算すると「とても安い!」ことです。時給換算したら150円程度ということも良くある話です。ですから、高額の給料を期待する方には自宅内職は向きません。ちょっとした時間を無駄にしたくない方やお金以外の面に自宅内職の重点を置いている方に向いていると言えるでしょう。また、自宅内職に熱中しすぎると子供や夫との関係が悪くなることがあります。事前に家族と十分に話し合いましょう。家族に迷惑をかけるようでしたら、自宅内職について再検討しましょう。さらに、自宅内職を依頼する方としては、お金を払って依頼しているわけです。ですから、自宅内職を引き受けた方にプロとしての意識を要求します。片手間仕事ではなく、プロ意識をもって自宅内職に取り組まないと仕事は次回から回って来ないでしょう。なお、インチキな自宅内職に引っかからないように注意しましょう。自宅内職をする前に教材費、材料費、研修費、内職のためのパソコン代などの名目で事前にお金を要求する内職は、インチキ内職あると考えておいてほとんど間違いありません。自宅内職をする前に以上のことを十分に考えて取り組んでください。

必ず信用できる会社かどうかを確かめてから申し込みをすることを忘れずに!内職を始めるにあたって様々な費用がかかるようでは本末転倒です。こういったことを言って来る会社は、まず怪しいと考えた方がよさそうです。
posted by 内職 at 03:29| 内職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。