2007年09月21日

内職 情報

【内職情報の紹介です】

内職を始めるにあたって、皆さんは内職情報をどのように集めているのでしょうか。主婦が内職を始めるようになったきっかけは「内職をしている友達からの誘い」が多いようです。実際に知り合いが自分で行っている内職の情報ですから、安心ですね。こういったご近所や知人のネットワークで内職情報を得られる以外ではハローワークインターネットサービス、ハローワークなども手堅く、内職情報を得ることができるでしょう。また、内職斡旋業者・ダイレクトメール関連業者・包装梱包サービス業者をタウンページやインターネットタウンページで探して、内職情報をダイレクトに問い合わせるのも方法です。こういった業者に直接問い合わせた場合、今は内職情報がなくても、名簿に控えてもらえることもあります。ただ、中には内職商法といって、内職を騙った悪徳業者もありますから、契約する前に国民生活センターや消費生活センターで内職情報を確かめて見ましょう。公共施設でも内職情報を探すことができます。ハローワークの内職求人案内以外にも各自治体の市町村区役所のホームページに「内職斡旋コーナー」や窓口などで「内職のしおり」など配布しているところもあります。また、商工会議所などでも内職情報コーナーがある場合もありますので、サイトや施設に出向いてみてもよいと思います。平成13年から総合労働相談コーナーが各自治体に設置されていますので、是非利用されてみてはいかがでしょうか。http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html 以上のようなところが斡旋している内職情報は以前からある「賃加工手作業」がおもな業種になります。厚生労働省の「家内労働者の実態調査」という資料の「家内労働者の募集方法」という項目を見ると、半分以上の内職業者が内職者からの紹介と従業員からの紹介で募集していることがわかります。内職情報を得るには日ごろから「内職情報ないかしら?」と知人、友人に声をかけておくことが有効かもしれません。

必ず信用できる会社かどうかを確かめてから申し込みをすることを忘れずに!内職を始めるにあたって様々な費用がかかるようでは本末転倒です。こういったことを言って来る会社は、まず怪しいと考えた方がよさそうです。
posted by 内職 at 03:29| 内職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。