2007年09月20日

内職 求人

【内職情報の紹介です】

内職の求人を探すにはまず、実際に内職をしている人の現状を把握しておくと良いでしょう。内職をしている人の平均年齢は53.1歳で平均経験年数は10.5年。1日の平均就業日数は18.7日で、1日平均就業時間数は5.4時間、平均工賃額は1時間466円となっています。1ヶ月5万円弱の収入が平均的な内職求人の実態といえるでしょう。これ以上の収入を得られる場合は内職というよりも、自分が事業主となる、家内労働者や在宅ワーカー(SOHO)などと分類されています。内職求人を探す場合はハローワークの内職求人案内や各自治体の市町村区役所のホームページや窓口で「内職のしおり」など設置しているところもあります。また、商工会などでも内職求人紹介をしている場合もありますので、まずはお住まいの各自治体のこういった公共の施設で内職の求人を探してみましょう。何故かというと、内職商法やパソコンの在宅ワークを騙った悪徳内職業者などがあり、内職求人の初心者が引っかかってしまうケースが少なくないからです。またこういった業者は巧みになってきていて、多少の内職経験者でも、知らないうちに騙されてしまうこともあります。家内労働者は家内労働法で定義されていますが、内職には法的な定義というものが明確にされていません。公共施設での内職求人は「家庭の主婦が補助的収入を得るために自宅において行う賃加工作業」が主な職種となっています。今流行りのパソコンを使った「在宅ワーク」は「賃加工作業」には含まれてない場合が多いようです。地場産業の内職求人などは手堅い代表といえます。今治ならばタオルの加工や箱詰め・袋詰め作業。長野県ならば、水引細工、紙折、電気部品の組み立てや梱包。全国的には縫製などは内職求人のポピュラーなものかと言えます。内職求人は個人の契約となるので、内職に騙されないためには、内職の求人内容をよく確認して、文書で契約を交わすようにしましょう。この契約文章は契約と違っていた場合などクーリングオフ(契約解除)に法的な有効書類になります。契約する前に国民生活センターや消費生活センターで内職求人業者を確かめることも有効な手段だといえるでしょう。

必ず信用できる会社かどうかを確かめてから申し込みをすることを忘れずに!内職を始めるにあたって様々な費用がかかるようでは本末転倒です。こういったことを言って来る会社は、まず怪しいと考えた方がよさそうです。
ラベル:在宅 求人 内職
posted by 内職 at 03:29| 内職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。